こだわり

原料のこだわり ~黒糖~

 

実は「食品添加物無添加めんたいこ きわめんたい」を創る時「味覚」で一番こだわった所があるんです

それは「甘み」「旨味」です

 

うまい=「旨い」「美味い」「甘い」と漢字で書きますよね

ネットで調べてみるとうまいから転じてあまいと言われるようになったという説もあるようですが

 

昔、食通の北大路魯山人が「旨いは甘い」と表現したと言われています

 

 

私もかんがえました

甘みの演出方法にこだわろう!

 

 

さあ創ろうと思い材料の構想中です

では甘さを出す食品添加物無添加食品は?

「砂糖」「味醂」「酒」とシンプルにしたい

砂糖!

ちなみに、砂糖は奈良時代の754年、沖縄県名護市に唐の「鑑真和尚」が上陸し、伝えたと言われています

おそらくこのころには「はちみつ」などはあったと考えられていますが、砂糖はなかったんですね

 

 

ではどんな砂糖だったら食品添加物無添加になるのだろう?

砂糖は「サトウキビ」「てんさい」から作られる

食品添加物無添加だったら純粋に煮詰めただけの「黒糖」

IMG_8035

しかも「黒糖」なら精製していないので、コクもある

ここでようやく「黒糖」に行きつきました。

しかし、ここで問題があったのですが、黒糖を煮詰めて固まらせる時にある物を使うそうなんです。

これは表示義務のない物なので一般にはわかりません。

いろいろな砂糖メーカさんに聞いてみても、ほとんどがある物を使用していました。

第三者機関のめんたい評議会から「公正マーク」を受けた食品添加物無添加のめんたいこを作る為、

原材料すべてにおいて、ある物のような加工助剤や表示義務のない食品添加物も使っていない証明が

必要なので、何軒も探しました。

 

そしてようやく現在の食品添加物無添加の「黒糖」を見つけ出しました。

この「黒糖」農家の方が大きな工場では無く、全て手作りで窯の火加減を見ながら煮詰めるだけと、

とてもご苦労されて作られています。

なので数量もあまり出来ないようで・・・

 

そんな想いから黒糖を使っています。

少し甘めの「きわめんたい」

子供さんや女性が食べやいめんたいこに仕上げています